大異山 高徳院清浄泉寺(鎌倉大仏)

神奈川県鎌倉市長谷3-11-2

 本尊・阿弥陀如来坐像
  (鎌倉大仏・高さ11.31m--台座含む13.35m,総重量121t)
 浄土宗(鎌倉光明寺の末寺)。
 鎌倉幕府第3執権・北条泰時の晩年になってから作り始めた。「吾妻鏡」によれば,北条泰時の時に, 淨光という僧が諸国を勧進して浄財を集めて歩き,暦仁元年(1238)3月から大仏と大仏殿を造り始めた。 北条泰時もその建立に援助をした。そして大仏開眼は5年後の寛元元年(1243)6月11日に行われた。泰時は前年の6月に 62歳で亡くなった。この時,建立した大仏は木造であった。そして4年後の宝治元年(1247)にこの大仏が暴風雨のために 倒壊したので,建長4年(1252)にあらためて金剛の大仏が造営され始めた。大仏殿は建武2年(1335)と志安2年(1369)の 台風で倒壊。更に明応4年(1495)の大津波で押し流されて以来,現在のような露座の大仏となってしまった。

2007年1月8日
山 門 阿弥陀如来坐像(鎌倉大仏)

大仏内部