四条山 収玄寺

神奈川県鎌倉市長谷2-15-12

 本尊・久遠の本師釈迦牟尼仏・日蓮聖人尊定の曼荼羅
 日蓮宗。
 寺の縁起によると日蓮聖人の四大法難のひとつである龍口法難(1271 文永8年)の際,宗祖日蓮と共に殉死の覚悟を 決した鎌倉武士の精粋四条金吾頼基公の屋敷跡で,金吾の滅後,捨身護法・法華色読の霊地として一寺が建立されたもの。 現在境内には多くの花木・野草の類が植えられており,花の寺としても知られている。 文政年間(1818-30)の創立といわれ,創立当初は収玄庵と称したが大正末期の本堂改築を機に寺号も収玄寺と改称。

2009年3月29日
山 門 本 堂 木瓜(ぼけ)

クリスマスローズ 花韮(ハナニラ)