鷲峰山 覚園寺

神奈川県鎌倉市二階堂421

 本尊・薬師如来像
 真言宗泉涌寺派。  建保6年(1218),北条義時がこの地に大倉薬師堂を建立したのが始まり。その後永仁4年(1296) 北条貞時が心慧上人を開山し,覚園寺として再建した。境内の入口には愛染堂,その先に薬師堂, 移築された古い民家の内海家住宅が続き,本堂手前に地蔵堂が建つ。また十三佛やぐら。 もとは四宗兼学だったが,明治初年に古義真言宗となった。

2007年4月6日
山 門

2004年7月3日
国の重要文化財,丈六の薬師如来,左右に日光・月光菩薩, 周りには等身大の十二神将がずらりと並んでいます。仏像彫刻の多彩さは鎌倉有数です。
 一番手前の愛染堂は外から見られるが,その他は 拝観時間が決まっていて係りの人が約1時間弱案内をしてくれる。残念ながら写真撮影は禁止。

山 門 鐘 楼
愛染堂