松岡山 東慶総持禅寺

神奈川県鎌倉市山ノ内1663

 本尊・聖観世音菩薩立像(阿弥陀・釈迦・弥勒)
 臨済宗円覚寺派。  弘安8年(1285),北条時宗夫人覚山尼(貞時母)が創建。開山当初から縁切寺法を定め, 女性の救済にあたった。歴代の住持には,後醍醐天皇の皇女用堂尼など身分の高い女性が多いのも特徴。  駆込寺(カケコミデラ)ともいわれ,東慶総持禅寺という寺号の総持は,達摩(ダルマ)大師の弟子総持尼にちなんで禅の尼寺の意味をもつ。

2008年12月28日
観音堂(水月観音) 庫 裏 鐘 楼

観音堂内の茶室

蝋 梅

墓 地



2003年8月17日
山 門 参 道 本 堂

鐘 楼 庭 園 さざれ石