楞厳山 妙法寺 (松葉ヶ谷霊跡)

神奈川県鎌倉市大町4-7-4

 本尊・不動明王
 日蓮宗。  建長五年(1253)日蓮上人が安房より鎌倉に入り,初めて松葉が谷に草庵を結ばれた日蓮宗最初の場所です。 文応元年(1260)8月27日松葉が谷法難にあってから,身延山に入山される迄20数年に渡り起居された場所です。 松葉が谷法難の時に,日蓮上人に反感を持つ武士や僧らに焼き討ちにされましたが, 草庵跡に日蓮を開山とする本国寺が建っていましたが,同寺が興国六年(1357)に京都に移ったので, その跡地に護良親王の遺子・日叡が,亡き父の菩提を弔い,また宗祖・日蓮上人の遺跡を守るために, 延文二年(1357)に再建しました。
2004年3月28日

山 門 山 門

仁王門 本 堂

日叡上人お手植えの蘇鉄 鐘 楼