天照山 蓮華院光明寺

神奈川県鎌倉市材木座6-17-19

 本尊・阿弥陀如来坐像
 浄土宗大本山。  寛元元年(1243),浄土宗の第三祖然阿良忠上人が開山。開基は鎌倉幕府第四代執権・北条経時です。 鎌倉には比較的少ない浄土宗の寺で元関東総本山で,第五代執権・時頼以降も歴代執権の帰依を受け, 大寺院に発展。念仏道場の中心となった。 江戸時代も徳川家康や家綱の擁護を受け,学問と修業の中心として栄えた。

2004年3月28日
仁王門 本 堂 鐘 楼

阿弥陀如来坐像 庭 園

三尊五祖の石庭