内裏山 霊嶽院九品寺

神奈川県材木座5-13-14

 本尊・阿弥陀三尊立像
 浄土宗。  元弘3年(1333)の鎌倉攻めの折,新田義貞が材木座に本陣を構えた。北条高時以下一族は自害し, 鎌倉幕府は滅亡した。その3年後,建武3年(1336)に北条方の大勢の戦死者を弔うため, 新田義貞が本陣跡地に建てた寺。
 九品とは極楽往生を願う人の生前の行いによって定められた九種類の往生の有様をいう。 上品・中品・下品のそれぞれに上生・中生・下生があり,合わせて九品とされる。

2004年3月28日
山 門 本 堂