光秀山 浄永寺(妙光院・七面さん)

神奈川県小田原市城山2-24-20

 本尊・日蓮蛇身上人解脱画像
 日蓮宗。  寺伝によれば,鎌倉幕府の執権北条時宗の家臣で風祭の住人風祭大野亮入道光秀という人が日蓮上人に帰依して, 弘安3年(1280)の冬,身延山に詣り曼荼羅の蛇身解脱の画像を授与され,自分の屋敷に法華堂と七面社を建立したのが始まり, また,日蓮上人は光秀の子を弟子僧となして妙音阿閣梨日行と名づけてこの寺を開山とし,今の寺号を授けられる。 永正15年(1518),日形上人のとき現在地に移り再興,このとき妙光院の号を銘して通称となした。

2006年3月26日
本 堂