小田原城

神奈川県小田原市城内

 古文書によると寛永11年(1634)に,3代将軍徳川家光が小田原城の天守閣に登り,武具を見たり展望を楽しんだという 記録が残っています。元禄16年(1703)の大地震のときには,小田原城のほとんどの建物が倒壊・焼失してしまいますが, 天守閣は宝永3年(1706)に再建され,明治3年(1870)の廃城まで小田原のシンボルとしてそびえていました。 現在の天守閣は,昭和35年(1960)5月に,市制20周年の記念事業として復興したもので,宝永時代の再建時に作成された 引き図(設計図)や模型を参考に,鉄筋コンクリートで外観復元したものです。内部は,古文書・絵図・武具・刀剣などの 歴史資料の展示室となっています。高さ約70メートルの最上階からは相模湾が一望でき,良く晴れた日には房総半島まで 見ることができます。

2006年3月26日
住吉橋 常盤木門 銅門(あかがねもん)

天守閣