14番札所・瑞応山蓮華院 弘明寺(弘明寺観音)

横浜市南区弘明寺町267

 本尊・十一面観世音菩薩  開基・(伝)善無畏三蔵法師・光慧

 本尊・十一面観世音菩薩

真言・おんまか きゃろにきゃ そわか

ご詠歌・ありがたや ちかひの海を かたむけて そそぐめぐみに さむるほのみや

 高野山真言宗。  寺の縁起によれば,天平9年(737),行基菩薩が仏教宣布のため全国巡錫の際,当山の霊域を感得し,観音さんを 彫刻安置。その後,弘法大師が1100年前に「弘明寺聖天」を彫刻し安置。源平時代に頼朝公は源家累代の祈願所として 当寺を保護されたことは「東鑑」に明記され,天文2年(1533),北条早雲が小田原城を本拠とした時寺領を下附され,L 徳川時代には歴代の将軍が御朱印状を賜るなど,古来より由緒ある寺院である。

2009年3月29日
山 門 本 堂

七ツ石 鐘 楼

厄除大師 大聖歓喜天