第2番札所・大久山 長谷寺(長谷観音)

大分県中津市三光西幕秣1893

本尊・十一面観世音菩薩
高野山真言宗。  寺の由緒によると,慶雲元年(704),仁聞菩薩が十一面観世音菩薩と刻み,奉安したのが始まりという。それ以前, 孝元天皇22年(BC277)にこの地に神が祭られていたと伝えられる。さらに神亀4年(727),三界上人が訪れ,白山権現の霊告を 受けて堂宇を建立,開創。晩年の三界上人はこの窟で入定留身し,日本で最初の生き仏になったとの寺伝がある。近世には, 小椋藩主細川忠興や中津藩主小笠原家の参詣が会いついた。

2012年3月12日
本堂前の覆屋 六地蔵

大日如来坐像 国東塔 石垣に埋め込まれた一石の五輪塔