豊山 長谷寺

奈良県桜井市初瀬731-1

 本尊・十一面観世音菩薩立像(奈良初期)
 真言宗豊山派総本山。朱鳥元年(686)道明上人は天武天皇の恩ために銅版法華説相図(千仏多宝仏塔)を 西の丘に安置され,のち神亀4年(727)徳道上人は,聖武天皇の勅を奉じて,衆生のために東の岡に 十一面観世音菩薩をお祀られました。
牡丹,紫陽花で有名。

2016年9月04日
拡大

2010年4月4日

本 坊

一切経堂
 永禄4年(1561),牧野備後守成貞の再建にして納める。 唐本一切経は寛文7年(1667),水野石見守忠貞の寄進。

本長谷寺
 天武天皇病気平癒のため朱鳥元年(686),道明上人ここに精舎を建て, 千仏多宝塔銅盤(国宝)を鋳造して祀る。

亀の甲羅干しと散り桜



2009年6月5日
2008年11月4日 西国33所結縁総秘仏本尊ご開帳(花山法王1000年御遠忌)
山 門 登 廊
本 堂

2003年5月3日
山 門 登 廊
本 堂

2003年5月3日
街を望む

牡丹園