金亀山 北野寺

滋賀県彦根市馬場1-3-7

本尊・聖観世音菩薩(秘仏)。
 真言宗。  寺伝によると,養老4年(720)に元正天皇の勅願により藤原房前(藤原鎌足の孫)が開いたのが始まりと伝えられている。 当初は彦根寺と称し金亀山(旧彦根山)山頂付近にあったとされ,霊験が高く数多くの皇室や公家をはじめ近畿内の 善男善女が参拝に訪れ参道は巡礼街道と呼ばれた。慶長8年(1603),彦根城を築城の際,現在地に移され寺号を北野寺に改称, 以来,彦根藩歴代藩主の祈願寺として庇護された。寺宝である木造役ノ行者倚像は応永18年(1411)に製作されたもので欅材, 一木造り,室町時代の彦根寺と修験信仰との関係を示す資料的価値が高く昭和57年(1982)に彦根市指定文化財に指定。

2011年5月7日
仁王門 本 堂

大聖歓喜天本殿 一願不動明王 鐘 楼