弘徳山 龍潭寺(だるま寺)

滋賀県彦根市古沢町大洞1104

本尊・薬師如来(秘仏)揚柳観音。
 臨済宗妙心寺派。  寺伝によると,天平5年(733)開創。井伊家・始祖,共保以来の井伊家の菩提寺で,行基によって遠江国(現静岡県) 井伊谷に開基。その後,関ヶ原の戦いの武功により佐和山城主となった井伊直政が僧・昊天に命じ,佐和山(232m)山麓に 移築。当地の数少ない方丈建築の1つといわれる方丈(江戸初期建立)には芭門十哲の一人・森川許六の襖絵が残されている。 また,学僧が実習として造った庭園の一つという方丈南庭は,普陀落の庭と呼ばれ,境内入口には石田三成の供養塔や銅像, 寺院裏山の墓地には,彦根御前といわれた井伊直弼の母の墓がある。4月1、2日には、だるま祭りが行われ,花の名所, また庭の寺としてしられている。

2006年10月9日
参 道 三 門

鐘 楼

方丈襖絵(森川許六筆)
獅子の間 鶴の間

ふだらくの庭(方丈南庭)

書 院

書院西庭 蓬莱池泉庭(書院東庭)