夕陽山 本福寺

滋賀県大津市本堅田1-22-30

 浄土真宗本願寺派。  応仁元年(1467),応仁の大乱が起こり蓮如上人は祖像を奉じて堅田へ移住し,ここで本願寺の寺務を執り 再起の本拠とした。 当寺が「本願寺旧址」と言われる所以である。夕陽山の山号,本福寺の寺号はともに上人から 賜ったものである。 応仁2年(1468),比叡山衆徒は再び大軍を持って堅田を攻撃した。 世に言う「堅田の大責」 である。その後蓮如上人は真宗を広く布教するために越後・加賀地方へ旅立つ。 この時から北陸は吉崎を中心に 真宗王国となった。

2007年12月20日
山 門 鐘 楼

本 堂 即如上人お手植松 蓮如上人御愛樹