山 光徳寺

滋賀県大津市本堅田1

 浄土真宗大谷派。  延元元年(1336年)本願寺第三世覚如上人の教導により天台宗から浄土真宗に転派し 慶長7年(1602年)本願寺の東西分派により真宗大谷派になった。  当寺で有名なのは「堅田源兵衛の首」の話。 蓮如上人は浄土真宗開祖・親鸞聖人の御真影(木像)を比叡山延暦寺の僧兵から守るために、三井寺の住職に本願寺再興の時まで預かって欲しいと念願して北陸へ布教の旅に出た。 その後1480年に山科本願寺が完成したのを機に 門徒衆が御真影を迎えようと三井寺に赴いたが、三井寺はこれに応ぜず、それなら「人間の生首を二つ持って来い」と無理難題を吹きかけた。  蓮如上人は困惑し心を痛めていたが、当時 源右衛門・源兵衛という篤信の漁師親子がこの話を聞いて、日頃のご恩に報いるため首を差し出したという殉教物語である。  父・源右衛門が息子・源兵衛の首を持って三井寺へ行き 息子の首を差し出したが、三井寺は「もう一つ足りない」と詰め寄った。もとより覚悟の父は「自分の首を取ってくれ」と応じると、さすがに三井寺も親子の殉教心に感動し御真影と源兵衛の首を返したと言う。 本堂には源兵衛の頭蓋骨が安置され、境内には「父子殉教之像」が建てられている。

2007年12月20日
山 門 鐘 楼

本 堂 即如上人お手植松 蓮如上人御愛樹