己高山 鶏足寺(己高閣)
世大山戸岩寺(世代閣)


滋賀県長浜市木ノ本町古橋

本尊・十一面観世音菩薩立像。
真言宗豊山派。  寺伝によると,奈良時代に行基上人が近江の国の鬼門にあたる湖北地方東部の己高山に常楽寺を草創しました。 一時衰退したが,最澄が己高山鶏足寺として再興したといわれている。
 延徳年間(1489-91)には,法印実盛承認により 飯福寺は大いに隆盛を誇り,浅井氏・京極氏から庇護を受け,特に浅井氏三代の祈願所として隆盛を極めた。以後北近江の一大 仏教文化圏として大いに発展したが,時代の推移により衰退し,山頂の本堂も昭和に入って焼失,今では寺跡を残すのみと なった。

2014年11月18日 8月の観音まつりには来たことがあるが,紅葉の名所であるとは まったく知らなかった。自家用車・ツアーバスで混雑していて,多くの人が「もみじ狩り」を楽しんでいた。

途中の神社 拡大 世代閣(世代山戸岩寺) 拡大 薬師如来坐像 拡大

鶏足寺本堂 拡大 拡大 拡大

拡大 拡大



2004年5月3日 己高閣には鶏足寺・世代閣には戸岩寺の仏像などを収蔵している。
己高閣 鐘 楼 世代閣