遊住山 長福寺

滋賀県甲賀市甲賀町大原中415

本尊・阿弥陀如来。
浄土宗。  寺伝によると,大同元年(806)に比良山の僧・天長比丘により開創,長正庵として天台宗に属していた。その後, 永享11年(1439)に焼失。嘉吉元年(1440)二再建され,難を逃れた聖観世音だけを祀る。元亀2年(1571)の信長の比叡山の 焼き討ちにあう。貞享3年(1686)に荒れていた寺を浄土宗の僧・元覚が再興し,浄土宗に改宗。木造聖観音坐像(重要文化財) は本堂西側の観音堂に安置され,寺伝によると恵心僧都の作と伝えられている。

2011年5月3日
山 門 本 堂 聖観音を祀る観音堂

地蔵堂