松峰山 金剛輪寺

滋賀県愛知郡秦荘町松尾寺874

本尊・聖観世音菩薩(鎌倉初期・重要文化財)。
 天台宗。天平13年(741)に,聖武天皇の祈祷寺として行基菩薩が開山。 以来,天下泰平の祈祷寺として栄え,学問僧が多く集まり,嘉承年間(850)には延暦寺の慈覚大師がおいでになり, 西方阿弥陀仏の信仰を初めてご教化になり,天台の大寺になる。寿永2年(1183)には源家の将九郎判官義経が 義仲を追討せんとして近江に来たり,当山に参籠10数日,武運必勝を祈願し,太刀を寄進。



2006年9月23日 特別公開--秘仏・聖観世音菩薩。 行基菩薩がご本尊を彫りすすめると木肌から血が流れたため,彫刀を折り荒削りのまま安置されたと 伝わっています。榧の一木造り,霊験あらたかな「生身の観音」と呼ばれています
本 堂 待龍塔(三重塔)

本堂前にとまっていたトンボ 始め地蔵--千躰のうち

水雲閣(茶室) 昼食(国民宿舎・金剛輪寺荘)



2003年11月23日
山門(黒門)

千体地蔵 西谷堂 明寿院



2003年5月18日
山門(黒門) 参 道

二天門 鐘 楼 本 堂

庭 園