龍應山 西明寺

滋賀県犬上郡甲良町池寺26

本尊・薬師瑠璃光如来立像(平安時代・重要文化財)。
 天台宗。承和元年(834)に,三修上人が仁明天皇の勅願により開創。 以後室町時代まで祈願道場・修業道場年繁栄し,山内には17の諸堂,300の僧坊があったといわれている。
 戦国時代に織田信長比叡山を焼き討ちしてその直後に当寺も焼き討ちされた。 そのうち,本堂,三重塔,二天門が災難を逃れ残っている。

2006年9月23日 特別公開--秘仏・薬師瑠璃光如来。 境内の池から薬師如来が現れたのをみた三修上人が池の傍の立木を切ってご本尊を彫られたと伝わり, 秘仏を納めたお厨子の脇には日光・月光両菩薩,さらに四天王と十二神将が取り巻いています。
不断桜 百日紅

本 堂

二天門



2003年11月23日

三重塔 梅もどき
三重塔
内部を春・秋特別公開

四天柱内に須弥壇を作り,本尊の大日如来を安置して, 須弥壇と床板を除く全面に菩薩像・仏具・花鳥文・法華経変相図が極彩色で描かれ, 一大曼荼羅を見る思いである。

不断桜(春・秋2回咲く)



2003年5月18日
二天門 参 道

本 堂 三重塔 庭 園
薬師如来・日光・月光の三尊仏を表す立石

庭 園(心字池には折鶴の鶴島と亀島がある)