寂照山 円乗寺成菩提院


滋賀県東米原市柏原1692

本尊・十一面観世音菩薩。
天台宗比叡山延暦寺派。  寺伝によると,弘仁6年(815)に天台宗の開祖最澄が談議所を建てたのに始まり,のちに延暦寺の別院の一つとなる。 応永年間(1394-1428), 将軍足利義満の願いにより比叡山西塔の名僧・貞舜が寺坊を再興して移り住んだ。徳川家康の智恵袋・懐刀といわれた 20世天海大僧正をはじめとする幾多の名僧が住職として出ています。 織田信長・豊臣秀吉・小早川秀秋など有名な武将が宿営しています。寺領は160石余りで,末寺は80ヵ寺余り, また,寛文5年(1665)の調書によると64坊・僧侶103人とあり,大きな寺院であったことが伺える。また, 国指定の絹本著色聖徳太子像・絹本著色浄土曼荼羅など多数の文化財がある。

2009年3月1日
山 門 参道階段 本 堂

鐘 楼 収蔵庫

駕 籠