霊通山清瀧寺 徳源院


滋賀県米原市清滝288

本尊・聖面観世音菩薩。(恵心僧都作)
天台宗比叡山延暦寺派。  寺伝によると,弘安6年(1283),京極氏の初代京極氏信は近江守へと任ぜられ,弘安9年(1286)清滝寺を創建。 寛文12年(1672),京極高豊は幕府に請願し播磨国の所領2村と近江を交換し,同地にあり京極氏の菩提寺であった 近江清滝寺を復興,付近に散在していた墓碑を一カ所に集めて整理し三重塔を寄進し歴代当主の墓を集めて並べ, 院号を父の法名に基づき徳源院と改めた。この三重塔は現在,滋賀県の指定文化財に指定されている。

2011年1月21日
本 堂 雪積もる庭園 24代高矩・25代高中・22代高豊の墓(左より)

19代高次の墓
妻は浅井長政の3姉妹のお初
幽霊が額縁から出てくる掛軸
近在の民家にあったが眠れないので寺に預託
三重塔



2009年3月1日 冬は拝観者が少ないので閉めているとのことでしたが, 開けていただきました。お茶を出していただき,住職が懇切丁寧な説明をしていただきました。
参道の桜並木 三重塔
本 堂

本尊・聖面観世音菩薩
不動明王 京極高次公像

客殿庭園

道誉桜
(樹齢300年,樹高10m,胸高周り.3m)
位牌堂 18代以降の墓

1〜17代の墓