義仲寺

滋賀県大津市馬場1-5-12

本尊・聖観世音菩薩・義仲像・義高像
 単立寺院。  寿永4年(1185),木曽義仲は源頼朝が遣わした源範頼・義経の軍勢とこの地で戦って敗死した。 寺は義仲の菩提を弔って,愛妾の巴御前が建てた草庵が始まりとされている。のちの天文22年(1553), 近江源氏の流れをくむ佐々木高頼が諸堂を建てて寺観を整えた。
 この風光を愛した芭蕉は,大坂本願寺南御堂前の花屋仁左衛門の別宅で客死したが,遺言によりこの寺に 葬られた。

2007年12月20日
翁堂天井画--伊藤若冲筆四季花卉
2008年5月より修復完成し, レプリカ展示
翁堂



2007年12月20日
山 門 朝日堂(本堂) 翁堂--天井画は伊藤若冲筆四季花卉

木曽義仲公墓 巴塚(供養塔) 佐渡の赤石

無名庵 芭蕉真蹟句碑

粟津文庫(蝶夢法師創設) 身余堂文庫