三尾神社

滋賀県大津市園城寺町251

祭神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
 縁起によると,太古伊弉諾尊がこの地に降臨され長等山の地主神として鎮座されたのを創始とする。この神は常に赤・白・黒の 三帯を着しその形が三つ尾をひくのに似ているところから三尾明神と申し上げる。貞観元年(859),園城寺の開祖智証大師が 琴緒谷に社殿を復興され爾来朝野の篤い崇敬をうける。應永年間足利将軍現存の本社を再興,慶長年間豊臣秀吉も社殿を修理し, 社領を寄進する等広く世に崇敬されてきた。明治9年(1876)に本社を琴緒谷(上の三尾)から現在地に遷し奉り今に至る。 明治22年(1889)に内務省古社保存資金下賜明治43年(1910)県社に昇格。

2012年2月18日
ウサギの手水鉢 神 門 拝 殿

本 殿 兎の神獣 兎の軒瓦

摂 社