天徳山 高源寺

滋賀県犬上郡多賀町楢崎374

本尊・千手観世音菩薩。(秘仏)
 臨済宗妙心寺派。  寺伝によると,もとは天台宗に属し,十福寺と呼ばれていたが,戦国時代に廃寺となり江戸初期に再興され, 天徳山高源寺と改称し,臨済宗妙心寺派に属し,現在に至っている。最盛期には書院30坪・仏殿25坪・奥殿30坪・ 禅堂32坪などを要する大寺院で,常に50有余人が住した湖東における名刹であった。しかし,明治9年(1976)の 火災により石田三成の居城であった佐和山城の裏門を移したものである総門以外はすべて焼失。またこの寺には, 幕末,開国論を実行するため主役を演じた大老井伊直弼とそれを助けた長野主膳,この悲劇の二人に献身して, 2人の死後,68歳で死ぬま,直弼主膳の菩提を弔い続けた村山たか女の肖像画がある。

2011年5月3日
山 門 書 院 村山たか女が暮らした部屋

大和絵が描かれている袋棚

村山たか女の肖像画の掛軸
たか女の暮らした部屋からの庭

鐘 楼 不動堂 不動明王(不動堂)

大日如来・月光菩薩 地蔵菩薩半跏像・千体地蔵