龍頭山 普門寺

滋賀県長浜市高月町重則

本尊・十一面観世音菩薩像。
  桓武天皇時代に伝教大師が諸国巡化のおり,寺を建立し,自作の像を安置されたのが始まりといわれる。寺号の起りは, 観音さまの根本経典『妙法蓮華経 観世音菩薩普門品』にちなむもの。京都御室御所の尊信を受け,江戸時代には仁和寺より 高張り提灯一対を賜ったという。薬師如来とともに本尊聖観音像を安置している。
 明治13年(1880)の春このお堂は山の 高台に建ち、春には桜の名所としても有名。

2016年10月16日
本 堂 拡大 十一面観世音菩薩像・薬師如来坐像 拡大

2008年8月3日 江州伊香33ヶ所観音霊場第10番札所
本 堂 十一面観世音菩薩像・薬師如来坐像