紫雲山 浄光寺(落川観音堂)

滋賀県長浜市高月町落川

本尊・十一面観世音菩薩立像。
  延暦年間(782-806)に最澄が建立,厳長寺と号した。天正元年(1572)に戦火にあい焼失。その後,金堂後に再建。 正面には十一面観音(伝最澄作),左右に阿弥陀如来・薬師如来の三尊を安置。いづれも室町時代の作で, 同じ仏師の手によるものとみられます。永く秘仏とされてきましたが,広く功徳を分かち合えるようにと, 近年開帳の運びとなりました。

2008年8月3日 江州伊香33ヶ所観音霊場第6番札所
本 堂 十一面観世音菩薩立像