己高山 満願寺(高野大師堂)

滋賀県長浜市高月町高野297

本尊・薬師如来坐像。
 『近江伊香郡志』によると,「神亀元年(724)創建,式内,往昔高野の臣此の土地を開拓し祖神大名草彦命を 奉祀す。」とある。『新撰姓氏録』の和泉国神別によると,大名草彦命之後也として高野がある。 紀の国造の紀直と同じ祖。社伝によると「高野の祝」がその祖大名草彦命を奉祀するによって その始めとしている。後,この地は伊香郡最古の寺院と認められる己高山諸寺が存していた。現在, 境内に己高山満願寺と称する薬師堂がある。己高山諸寺に含まれる観音別院の鶏足寺の末寺が 己高山満願寺にあたる。行基菩薩がこの地で薬師の像を刻み一堂を立てたという。 また,最澄が薬師如来に詣で,百日の参籠をなし,願満ちて薬師堂を建立し,満願成就に因み, 己高山満願寺と号したと伝えられる。この時,最澄が天台の守護神である大山咋命を合わせ祀ったと 寺伝,社伝で伝えている。

2009年8月2日
本 堂 鐘 楼 本尊・薬師如来坐像

十二神将立像 不動明王立像

大師堂 伝・伝教大師坐像