横山神社

滋賀県長浜市高月町横山

祭神・大山祇命・少彦名命・泉龍大神。
 社伝によると,推古天皇元年(593),横山台明神が白馬乗じて,横山岳(木ノ本町杉の)五銚子の滝のほとりの杉の巨樹に 降臨し,霊夢神告に随い,その杉樹をもって神像を彫刻・奉祀したのが始まりといいます。 伊香郡の延喜式内社横山神社の論社。他の論社は木之本町に鎮座。『近江伊香郡志』によると, 天徳元年(957),本地馬頭観音を横山村に移し奉れり。これが横山神社とある。また,昭和27年(1952)の『神社明細書』には, 第49代光仁天皇の時代,近江国安曇郷涌の荘の清浄な地に淡海真人三海の勧請したものと伝えている。場所が違うようで, よく判らないが,当時は琵琶湖の対岸も伊香郡であったのだろうか。現在でも対岸に伊香郡高月町がある。

2016年10月16日
拝 殿 拡大 舞 台 拡大 観音堂 拡大

馬頭観世音菩薩立像 拡大

2009年8月2日 高月でただ1体の馬頭観音。
拝 殿 摂 社 観音堂

馬頭観世音菩薩立像