27番札所・飯沼山 円福寺(飯沼観音)

千葉県銚子市馬場町293

本尊・十一面観音菩薩 開基・弘法大師

真言・おんまか きゃろにきゃ そわかく

ご詠歌・このほどは よろずのことを 飯沼に きくもならはぬ 波の音かな

 真言宗豊山派。  寺伝によると, 本尊の十一面観世音を拾い上げた漁夫・清六と長蔵は後に出家して観清(清六)・音長(長蔵)と 称したが,弘仁年間(810-24)に弘法大師が巡錫したとき,連座を作って開眼し,この地の海上長者と称する豪族が 観世音の慈悲と大師の修法力に心をうたれ財を惜しまずに提供し,壮麗な伽藍を建立して,大師を開祖と仰いだと 伝えられ,その後,海上氏一族の庇護によって発展し,天正6年(1578)には八間四方の観音堂が建てられた。 そして,安永2年(1773)に十間四方の銅葺に改築され,仁王門・鐘楼・多宝塔・太子堂などの大小さまざまな建物が いずれも整備され,戦前までは豪壮な姿を見せていたが,太平洋戦争のためにすべてを焼失した。

2010年10月8日
仁王門 本堂(観音堂)

五重塔 鐘楼堂
本堂庭