33番札所・補陀洛山 那古寺(那古観音)

千葉県館山市那古1125

本尊・千手観音菩薩 開基・行基菩薩

真言・おん ばさら たらま きりく

ご詠歌・補陀洛は よしにあらじ那古の寺 岸うつ波を 見るにつけても

 真言宗智山派。  寺伝によると, 養老元年(717),元正女帝の病気回復を祈って行基がこの地を訪れ,海中から霊木を得て千手観音を刻み 祈念すると,霊験が現れて,女帝は回復した。これを喜んだ女帝の勅命で,那古山の頂上に伽藍が建てられたとある。

2010年7月14日
仁王門 本 堂

阿弥陀堂 大黒堂 鐘楼堂

多宝塔