22番札所・華台山 童子堂(永福寺)

埼玉県秩父市寺尾3595

本尊・聖観世音菩薩
ご真言・おん あろりきゃ そわか
ご詠歌・極楽を ここで見つけて笑う堂 後の世までも たのもしきかな

真言宗豊山派。  寺伝によると,『秩父観音霊験記』には,讃州(香川県)で飢えた行脚僧に食事を恵まなかった金持ちの農家の主人が,その罰で 息子を犬に変えられてしまい,罪を悔いて四国・西国・坂東の各霊場を巡拝し,ここ秩父の童子堂まで来て詣でたところ, 息子が犬の姿から人間の姿に戻ったことが書かれている。延喜15年(915),この地に天然痘が流行した際,山奥の蒔田村の岩間から 湧く清水を,ここの観音に祀ってから患部につけたところ,たちまち快癒。そこで子供を病気から守る観音様として広く 知れ渡るようになったという。

2009年11月14日
ユーモラスな仁王像
仁王門

童顔のとげぬき地蔵
六地蔵 本 堂

身代わり地蔵