12番札所・華林山最上院 慈恩寺(慈恩寺観音)

さいたま市岩槻区慈恩寺139

本尊・千手観世音菩薩 開基・慈覚大師

真言・おん ばさら たらま きりく

ご詠歌・慈恩寺へ 詣る我が 身も のもしや うかぶ夏島を 見るにつけても

 天台宗。  寺伝によると, 天長元年(824)に慈覚大師によって開かれた天台宗の古刹。江戸時代には徳川家康から寺領100石を 拝領していたこともあり,坂東33ヶ所観音霊場の12番札所でもあることから,今も境内は参拝や観光に訪れる人々で 賑わっている。境内の十三重霊骨塔には,中国の古典『西遊記』でおなじみの三蔵法師玄奘の遺骨が分骨され, 安置されている。

2011年5月15日
山 門 本 堂 書 院

六地蔵 鐘 楼