第22番札所・石清山 観福寺

岩手県一関市大東町猿沢字野田前37

本尊・不動明王 霊場本尊・聖観世音菩薩
真言宗智山派。  縁起によると,建久2年(1191),工藤祐経長男・犬坊丸が寺を建立し,円長方針を迎えて開山。観音堂を取り囲んでいる石灰岩面 数10枚の1枚ごとに十三佛・四天王など数多の佛名が1字30cmほどの大きさで刻まれている。筆体は平仮名・漢字・行書・草書と 様々で雄々しく刻まれていて,珍しい磨崖碑といわれている。

2012年8月3日

山 門 本 堂 観音堂

文殊堂 鐘 楼

亀井六郎重清(義経の主従)の笈箱 磨崖碑