第3番札所・上台山 安楽寺

岩手県北上市稲瀬町上台205

本尊・十一面観世音菩薩 霊場本尊・十一面観世音菩薩
真言宗智山派。  縁起によると,縁起6年(906)から安楽坊がおかれ,11代を経て仁仁治元年(1240),出羽国の月山寺の空音が中興,江戸時代に入って 上台坊の広賢が安楽坊・上台坊・隠岐院を合して上台山隠岐院安楽坊と寺号を公称し,仙台藩のご朱印寺となり,15石の寺領を拝す。 江戸時代は京都醍醐寺三宝院の末寺であったが,明治になって京都智積院の末寺になり現在に至る。
 江刺33観音第28番札所

2012年8月4日

山 門 本 堂 文殊菩薩堂

鐘楼堂