第13番札所・長應山 長源寺

岩手県大船渡市末崎町字細浦150-1

本尊・胎蔵界大日如来 霊場本尊・十一面観世音菩薩
真言宗智山派。  縁起によると,詳細は不明。末崎村誌に金剛寺の末寺にして,天正2年(1574),僧宥信が創立した記されている。

2012年8月1日 度々の津波の被害にあっているが,明治29年(1896)の大海嘯のときは現在の線路 付近まで,昭和8年(1933)の三陸津波と昭和35年(1960)のチリ地震津波のときには,山門まで。平成23年(2011)の東方九台地震では 山門を超え鐘楼の下まで達した。当寺はこの地域の避難所になっているので,今回地域の人たちが非難してきたが本堂では危険と 判断して,裏山にある墓地まで避難して全員助かったと住職がおっしゃっていた。

山 門 本 堂 鐘楼堂


寺の下のJR大船渡線の線路・駅舎が流失,鉄道は簡単には復旧できそうにない 向こうの大船渡湾の入江まで家々が建っていたが,流失して何もない