第11番札所・八幡山 八幡寺

岩手県気仙郡住田町上有住字八日町149

本尊・大日如来 霊場本尊・千手観世音菩薩
真言宗智山派。  縁起によると,本尊は天正年間(1573-91)以前に気仙第1の高山である五葉山の麓に,天台宗万緑山大泉寺の本尊であったが, 天正年間に本堂焼失破滅の状態に,別当・檜山大屋紺野十郎右衛門氏別家一同と協議し,一切の仏具,仏像を真言宗八幡寺へ 奉納の上,自今帰依して檀家になったことを当寺第13世如海法印紺野家に渡した血脈相承丈に残されている。

2012年7月31日

本 堂