第16番札所・宝尾山 長圓寺

岩手県陸前高田市気仙町字丑沢133

本尊・大日如来 霊場本尊・聖観世音菩薩(約5cmの胎内仏)
真言宗智山派。  縁起によると,永禄年間(1558-70)に権大僧都・長円法印の開創。現本堂は昭和37年(1962)に再建,気仙沼大工の力作。
 嘉永3年(1850)5月4日早朝,境内に落下した日本最大の隕石として有名。落下当時の重量は135kgほどあったが,村人たちに 養蚕・疾病・漁業にご利益があると信じられていたため,少しずつ削り取られ今は106kgほど。現在は東京・上の国立科学博物館に 展示,その破片はアメリカをはじめ世界18ヶ国の博物館に展示されているが,一部分は地元の当寺・岩手県立博物館・陸前高田市立 博物館に展示・保存されている。
 気仙33観音第27番札所

2012年8月1日

山 門 本 堂


本堂欄間の彫刻(天女)

観音堂 鐘楼堂 長圓寺全景