51番札所・鶴林山 野間大坊

愛知県知多郡美浜町大字野間字東島50

本尊・開運延命地蔵菩薩
真言宗豊山派。 開基:白河天皇 開山:源頼朝。  寺伝によると,建久元年(1190),源頼朝はこの地を訪れ,家臣・鎌田政家と平康頼の墓,池の禅尼の経塚を築き, ついで大伽藍を再建し,高野山から僧侶を招いて,大法要を行った。県指定史蹟で,江戸時代の尾張名所図絵にも 名勝として記載されている。国重要文化財の梵鐘をはじめ,弘法大師筆般若経や徳川家康・豊臣秀吉からの寄進物・ 建物など多数の寺宝が伝わっている。また,源頼朝の最期の絵もあり有名。野間大坊の本尊「開運延命地蔵尊」は, 頼朝の守り本尊であったという。「開運延命地蔵尊」は平清盛の継母・池の禅尼の守り本尊であった。地蔵菩薩を頼朝に 授けたもの。頼朝はこの地蔵を「開運延命地蔵菩薩」と名付け、,父義朝の廟参と供養のために奉ったという。 その後,頼朝の開運出世にちなんで,大願成就のご利益を授かるといわれている。

2011年5月6日
本四国お砂踏み場
桃山城客殿 大坊本殿

悠紀殿 鐘楼--頼朝寄進 天邪鬼



 
52番札所・鶴林山 密蔵院

愛知県知多郡美浜町大字野間字松下105

本尊・不動明王
真言宗豊山派。 開基:白河天皇 開山:星善法印(中興)。  寺伝によると,50番札所の大御堂寺の1坊であった。白河天皇の勅願所(大御堂寺1山14坊)の1つで宝乗坊であった。 宝暦年間に密蔵院に改称。慶長16年(1611),徳川家康から拝領した250石のうち,当院は25石拝領,この地の栄枯と ともにある。当寺の裏山には,源義朝公を討った長田忠致が,張り付けの刑にされた「長田の磔松」があり, 史蹟巡りの場所にもなっている。当寺は「かじとり観音」として良く知られ,家庭平和・勉学・悩み病む人の指針と なっている。盗難除けお札もある。大祭は毎月・8月18日。

2011年5月6日
山 門 本 堂

弘法大師像
大師堂 不動明王堂



 
53番札所・鶴林山 安養院

愛知県知多郡美浜町大字野間字東畑家0-1

本尊・阿弥陀如来
真言宗豊山派。 開基:白河天皇 開山:深長法印(中興)。  寺伝によると,大御堂寺の1院で南の坊と号した。宝暦年間(1751-63)に安養院と改称。明治8年(1875), 1山6坊のうち3坊を併合。文化財の本尊「弥陀三尊仏」をはじめ「せき地蔵」をお祀りしている。この「せき地蔵」は 霊験あらたかで咳き・喘息・眼病・神経痛などもろもろのの病に効果がある。この安養院は織田信長の3男・三七郎信孝 生害の寺で遺品の短刀・臓腑を投げつけた軸・辞世の句・自刃の間が現存。ここのご本尊は永歴年間鎌田政清・ 次男正直が父母の菩提を弔おうと祀った念持仏で,彼は当院で念仏三昧で終えたという。やがてその子孫は野間姓を 名乗るようになり,天正11年(1583)に羽柴秀吉に岐阜城を追われた織田信孝は当院で自害した。

2011年5月6日
大師堂
本 堂 大蘇鉄

地蔵堂 地蔵菩薩



 
54番札所・亀嶺山 海潮院

愛知県半田市亀崎町1-130

本尊・釈迦牟尼仏
曹洞宗。 開基:安窓全公首座 開山:芝岡宗田大和尚。  寺伝によると,元は美浜町野間の竜松院(廃寺)にあった。その後,大師像と共に内海の慈光寺に写され 半田市亀崎にあった慈光寺の説教所に再び移され,因縁の深い海潮院に仮安置され,明治34年(1901)11月正式に 寄付された。大正元年(1912)2月21日,当寺大師尊の前で,愛知県東春日井郡水野村の・加藤鉄次郎氏の見えぬ両眼が 突然見えるようになり,お礼代わりに開眼の杖が残されている。亀崎潮干祭は毎年5月3・4日に行われている。

2011年4月30日
本 堂 大師堂 金毘羅尊天



 
55番札所・曇華山 法山寺

愛知県美浜町大字野間字田上50

本尊・御湯殿薬師如来
臨済宗天竜寺派。 開基:行基菩薩 開山:夢想国師。  寺伝によると,聖武天皇の神亀年間(725年頃),行基が開創。弘仁年間(810年頃)に弘法大師が留錫。 正和年間(1314年頃)に夢想国師により七堂を再興。源義朝が討たれた湯殿跡の冷泉が当寺にある。「源義朝公湯殿旧蹟」 は,義朝公の家臣であります金王丸等の戦いの場所「乱れ橋の碑」,義朝の胴塚「仙人塚」等の史蹟があり。 また,秋の旬に出る「たいみん竹」も見られる。

2011年5月6日
乱橋--源義朝最期の地 本 堂 大師堂

やまのかみ大明神