56番札所・祥雲山 瑞境寺

愛知県知多郡美浜町奥田会下前39

本尊・西方如来
曹洞宗。 開山:蘭峰盛曇大和尚。  寺伝によると,文禄元年(1592)の開創。宝暦7年(1758)に伽藍新築,天保4年(1834)に書院築工。当寺の薬師堂に 安置されている薬師如来像は,行基菩薩の作と伝えられ、その厨子には菊と桐の金紋が許されている。本尊の 白衣観世音菩薩は,日本3躰の中の1躰ともいわれている。

2011年5月6日
参 道
山 門 本 堂

大師堂



 
57番札所・乳竇山 報恩寺

愛知県知多郡美浜町奥田会下前39

本尊・西方如来
曹洞宗。 開基:蒲田兵衛政清の乳母 開山:雲関珠崇禅師。  寺伝によると,大治年間(1126-31),野間で義朝とともに討たれた鎌田政清の乳母が開創。永正年間(1504-20)に 東浦緒川城主・水野貞守の嫡男・賢昌が再建し、この時曹洞宗に改宗。昔、この地では雨水を飲料していましたが, 弘法大師が立ち寄られた際,金剛杖で裏山より湧き水を出された霊水がある。また大師一夜彫りの石造観音も お祀りしている。薬師如来は上半身,一夜彫り観音は下半身。番外・曹源寺は大正12年(1923)に岡山県の岡田長五郎氏が 不自由な体で犬に引かれて参詣しした所,立ち上がる事ができ,その時まで使用していた躄車が奉納されてる。

2011年5月6日
弘法大師像
本 堂 大師堂



 
58番札所・金光山 来応寺

愛知県常滑市大谷字奥条27

本尊・如意輪観世音菩薩
曹洞宗。 開基:来応善荷座主 開山:一翁得公和尚。  寺伝によると,天正10年(1582)に天台宗の高僧・来応善荷が裏山に観音堂を建て。如意輪観音を祀ったことに 始まると伝えられている。この寺には一心にお願いすれば何事も願いが叶う如意輪観世音・安産守護の子安観音・ 商売繁盛の分身58番弘法大師・極楽往生できます「ごっとり地蔵さま」がある。

2011年5月2日
本 堂 大師堂 ぽっくり地蔵



 
59番札所・萬年山 玉泉寺

愛知県常滑市大谷字浜条5

本尊・延命寺像菩薩
曹洞宗。 開基:陽元陰公和尚 開山:仁国宗怒大和尚。  寺伝によると,源頼朝の家臣で旧大谷城主・岸田繁張の菩提寺として弘法2年(1552)に開創。当寺には, 弘法大師御真筆と伝えの「准観音像提」,水戸黄門着用の陣羽織布地で作製された「香台掛け」等の寺宝が伝来している。 境内には、薬師如来・「地蔵尊・行者神変菩薩などが祀られている。

2011年5月2日
山 門 本堂・大師堂

弘法大師像 薬師如来



 
60番札所・大光山 安楽寺

愛知県常滑市刈屋字深田20

本尊・阿弥陀如来
曹洞宗。 開基:長安久公和尚 開山:禹功龍門大和尚。  寺伝によると,天正14年(1586)に開創。本尊の阿弥陀如来は天文6年(1537),小田・今川の戦いのとき,兵火を恐れて 61番札所・高讃寺から移された阿弥陀如来,行基作と伝えられている。

2011年5月2日
山 門 本 堂 大師堂