33番札所・吉田山 新長谷寺

岐阜県関市長谷寺町1

本尊・十一面観世音菩薩
曹洞宗。  寺伝によると,貞応元年(1222),後堀河天皇の勅命により,空海の4世護認上人の開山という。正安2年(1300)4月8日火災で 焼失。嘉元2年(1304)より4年をかけて再建。長禄元年(1457)に火災で焼失するが,寛正元年(1460)に本堂が再建。以後, その他の伽藍も再建。現在の建物は室町時代〜江戸時代初期のものである。かつては多くの子院が存在したが, 明治元年(1868),廃仏毀釈のため,現在の規模に縮小される。

2010年4月15日
仁王門 中 門 本 堂

鐘楼と三重塔