5番札所・景久山 永昌寺

岐阜県美濃市武芸川町643-1

本尊・十一面観世音菩薩
臨済宗妙心寺派。  寺伝によると,承応元年(1652),村人の懇願により観音堂を建立。本尊に聖徳太子作とする十一面観世音菩薩を 安置して,智淵山浄水寺と号した。永昌寺の前身は,観音堂の堂守りが住まいする庵であった。ときに独翁禅師が 当地に留錫して,寺院に改修したのが始まり。以来,寺門の発展を見るに至ったという。ことに最近は, 仙崖和尚の両親を弔う菩提寺として有名。仙崖和尚は高野村の農家・井藤甚八の子として生まれ,11歳のとき清泰寺 (美濃市)の空印和尚に師事し,やがて諸国を遊行,聖福寺(博多)で禅の奥義を極めた。天保8年(1837)10月7日遷化。 寿年88歳,謚して「普門円通禅師」と号す。

2010年4月15日
山 門 本 堂 虫ふうじ堂

鐘 楼 十王堂 六地蔵