6番札所・尾崎山 恵利寺

岐阜県関市武芸川町跡部705

本尊・十一面観世音菩薩
臨済宗妙心寺派。  寺伝によると,第45代聖武天皇の勅命により天平17年(749)に行基菩薩により開創。第75代崇徳天皇のとき, 紀州根来寺開山・覚鑁上人がこの地に来て,その因縁に感じ不動明王の尊像を彫刻し,当山に安置。以後,近衛天皇・ 高倉天皇などの勅命もあり繁栄を極めたが,保元・平治の乱の兵火にあって以来,たびたび罹災し,永禄7年(1564)には, 織田・斉藤両家の争乱に巻き込まれ灰燼と化した。寛文2年(1662),岐阜市長良・崇福寺第8世物堂和尚による 中興以降は,臨済宗妙心寺派に属し、法灯を守っている。現在の景観は,第14代住職宗達和尚が生涯を賭けて整備した もの。

2010年4月15日
山 門 本 堂 観音堂

鐘 楼