32番札所 音聞山 仏地院

名古屋市天白区音聞山1324

本尊・釈迦牟尼如来・如意輪観世音菩薩 開基・物先和尚
曹洞宗。  寺伝によると,仏地院の前進は明徳4年(1393)に創設。末寺十数ヶ寺を持つ真言宗の一本山であったが, 数度の火災のため荒廃。寛永元年(1624),2世道茂桂和尚が復興改宗,その後,永林寺開山物先文之和尚を開山と仰ぎ, 陶金山佛地院と命名されたのは,尾張徳川家の祈願所だった笠覆寺(笠寺観音)の鐘をこの地で鎮造した ためとされている。

2009年2月7日 以前,音聞山行きの市バスが走っていたし, 大相撲名古屋場所のとき,二子山部屋が宿舎にしていたので名前は知っていたが, お参りに訪れたのは初めてでした。
山 門 本 堂 ふれあい観音堂
目の不自由な方が直接触れることのできる仏様ということで つくられた。(平成6年12月9日開眼)

ふれあい観音