28番札所 霊鷲山 長母寺

名古屋市東区矢田3-13-71

本尊・阿弥陀如来
臨済宗東福寺派。  治承3年(1179),山田重忠の開基により創建,当初は天台宗で,亀鐘山桃尾寺であった。その後,弘長3年(1263), 無住一円がこの寺に入寺して禅宗寺院となり,現在名に改称。なおm無住はこの寺で「沙石集」などを執筆している。 武家の帰依を得,北条・足利・織田氏などから寺領を寄進されている。文禄年間に太閤検地により,寺領が没収され, 一時衰退したが,江戸時代の天和2年(1682),雪渓恵恭により再興。

2008年11月1日
山 門 本 堂