25番札所  松洞山大行院 龍泉寺

名古屋市守山区吉根字松洞3417

本尊・馬頭観世音菩薩
天台宗山門派。  延暦14年(795)に伝教大師(最澄)の創建と伝えられ,江戸時代には豊作や雨乞い祈願のための「龍泉寺おまんと(う)」が 奉納された。龍泉寺は小牧・長久手の戦いで秀吉がここに布陣し,小幡城の家康と対峙したとき,寺堂を焼き払われたが, 慶長3年(1598),秀純和尚が再興。その後明治39年火災により仁王門・多宝塔を除いて全焼,44年再建。 龍泉寺には 国重要文化財の仁王門と木造地蔵菩薩立像がある。他には円空作の馬頭観音・千体仏五百数十体等がある。 節分には本尊にちなんだ春駒が授与されている。
 名古屋城を鎮護する尾張四観音のひとつ

2013年7月21日
本 堂 拡大 多宝塔
拡大
鐘 楼
拡大


拡大
庭 園 拡大 拡大

宝物館
円空仏
熱田大明神(左・102cm)・馬頭観音(中・112cm)・天照皇大神(右・102cm) 拡大

出世地蔵尊
(無住国師作・嘉元2年) 拡大

阿弥陀如来
(鎌倉後期) 拡大

地蔵菩薩
拡大
阿字(弘法大師作) 拡大 宝物館天井 拡大



2008年11月1日
多宝塔の仏像



2008年10月23日

仁王門

本 堂 鐘 楼 多宝塔