湯島天満宮(湯島天神)

東京都文京区湯島3-30-1

祭神・天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)・菅原道真
 雄略天皇の勅命により,御宇2年(458)1月創建と伝えられ,天之手力雄命を奉斎したのが始まりで, 正平10年(1355)2月郷民が菅公の御偉徳を慕い,文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉祀し, 文明3年(1478)10月太田道灌が再建,天正18年(1595)徳川家康公が江戸城に入り,崇敬すること厚く,翌年11月 豊島郡湯島郷の内五石の朱印地を寄進し,もって祭祀の料にあて,泰平永き世が続,、文教大いに賑わうようにと 菅公の遺風を仰ぎ奉る。その後、学者・文人の参拝もたえることなく続き,林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵 ・新井白石などの名が見える。将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移し,この地を久しく文教の中心として いよいよ湯島天満宮を崇敬。明治5年(1872)10月には郷社に列し,ついで明治18年(1885)8月府社に昇格した。 明治維新以前は上野東叡山寛永寺が別当を兼ね。喜見院がその職に当り,元禄16年(1703)の火災で全焼, 宝暦元年(1704)将軍綱吉公は金五百両を寄進している。明治18年(1885)に改築された社殿も老朽化が進み, 平成7年(1995)12月総檜造りで造営された。

2007年1月27日
梅 園 本 殿