風猛山 粉河寺

和歌山県紀の川市粉河2787

本尊・千手千眼観世音菩薩
粉河観音宗総本山。  宝亀元年(770),大伴孔子古によって開創,鎌倉時代には七堂伽藍,550ヵ坊,東西南北4km余りの広大な境内地があり, 寺領4万4石を有していたが,天正13年(1585),豊臣秀吉の兵乱にあい,偉容を誇った堂塔伽藍も焼土と化し, 多くの寺宝がほとんど焼失した。その後,紀州徳川家の保護や信徒の寄進によって,徳川中期に現在の諸堂が完成した。

2009年11月16日
2009年7月29日
2008年10月19日  西国33所結縁総秘仏本尊ご開帳(花山法王1000年御遠忌)。 先週,時間に間に合わなかったのでリベンジしてきました。千手千眼観世音菩薩像のお顔は優しく, 慈悲にあふれていました。来た甲斐がありました。
千手堂(千手千眼観世音菩薩像を祀る)



2008年10月19日  西国33所結縁総秘仏本尊ご開帳(花山法王1000年御遠忌)。 渋滞で時間が遅くなり,拝観時間に間に合いませんでした。 217年ぶりのご開帳にリベンジします。
2005年8月20日
大門の仁王像 大 門 大門の仁王像

不動堂 御池堂(本坊)

童男堂 仏足石(後の碑文は江戸時代の傑僧願海上人の筆) 出現池

童男大士石像 念佛堂(光明殿)--阿弥陀如来 太子堂

扁額(紀州10代藩主・治宝侯の直筆) 中 門 中門の四天王

中門の四天王

庭園(枯山水干渉式蓬莱庭園)--崖地をたくみに利用した本堂と低園との調和は見事

芭蕉句碑
ひとつぬきて うしろにおひぬ ころもがへ
丈六堂 阿弥陀如来(丈六堂)

本 堂 千手堂(千手観世音菩薩を安置) 六角堂(西国33観音を安置)

鐘 楼 クスノキ 薬師堂

忌明地蔵 行者堂(役行者を安置) 牧水歌碑--粉河寺 遍路の衆の 打ち鳴らす 鉦々きこゆ 秋の樹の間に