如意山蓮花院 長田観音 厄除観音寺

和歌山県紀の川市別所

本尊・如意輪観世音菩薩
真言宗。  延喜21年(921)に,念仏上人によって開創,創建当時は醍醐天皇の勅願所として栄え,壮大な堂塔伽藍を備えていたが, 天正13年(1585)の豊臣秀吉の紀州攻めで堂塔を焼失,幸い本尊の如意輪観世音菩薩像は難を逃れる。 後に本堂が再興されたが,初代紀州藩主の徳川頼宣が「人家に近いのはよくない」と現在地に移して再建。 本尊は一般に「厄除観音」と呼ばれから開運厄除け,交通安全などを願う人たちが観音様に手を合わせてきた。 旧長田庄にあったため「長田観音」と呼び親しまれている。

2008年10月26日
山 門 本 堂 鐘 楼

本 坊

庭 園