秩父神社(知知夫神社)

埼玉県秩父市番場町1-3

 祭神・八意思兼命・知知夫彦命・天之御中主神・秩父宮雍仁親王(昭和天皇の弟宮)
 縁起によると,平安初期の典籍『先代旧事紀−国造本紀−』によれば,第10代崇神天皇の御代に知知夫国の初代国造に任命された 八意思兼命の10世の子孫である知知夫彦命が,祖神をお祀りしたことに始まるとされており,武蔵国成立以前より栄えた知知夫国の 総鎮守として現在に至っている。元慶2年(878)には神階正四位下に進み,延長5年(927)に編算された『延喜式』にも掲載される など,関東でも屈指の古社のひとつに数えられている。また,中世以降は関東武士団の源流,平良文を祖とする秩父平氏が奉じる 妙見信仰と習合し,長く秩父妙見宮として隆盛を極めましたが,明治の神仏判然令により秩父神社の旧社名に復しました。 現存するご社殿は天正20年(1592)に徳川家康公が寄進されたもので,江戸時代初期の建築様式をよく留めていることなどから, 埼玉県の有形文化財に指定されている。また,毎年12月3日に行われる例祭は「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財に 指定され,京都の祇園祭・飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられています。

2009年11月14日
一の鳥居(南門) 本 殿 本殿正面の彫刻

子育ての虎

お元気三猿 北辰の梟 つなぎの龍

大銀杏 乳銀杏 秩父宮歌碑

秩父宮お手植え銀杏